内向型HSPが訪問販売の営業したらどうなった?その3

HSP関連
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

一昨日と昨日に訪問販売の営業をして強く印象に残っていることを書いたので今日の話は地味です。が、ほかの仕事では言われたことがない事がまだありましたので書いてみます。

おばあさんの話し相手になり500円もらう

一人で営業に出かけるようになって間もない頃に60代後半のおばあさんのお宅にお邪魔して、営業トークもそこそこに、ただの話し相手に徹していました。もっぱら聞き役です。

孫の話、おじいさんの話、近所の話、娘の話などなど・・2時間位はお邪魔していたと思いますが、その帰り際に

「38万じゃ買えないから悪いや、遠くから来たから途中でお腹空くでしょう。近くにお蕎麦屋さんがあるから、食べてきな。」

とお掃除代1000円とは別に500円を渡してくれました。

素直に頂戴し、そのお蕎麦屋さん(立ち食い形式)に行きました。

私は初対面の人に自分から話しかけることは滅多にありません、でもその時は500円貰ってうれしかったせいか店主に

「あそこのおばあさんがここを紹介してくれたんできたんですよ~」

とか話しかけたんですが、ほとんど反応がなく・・・

私はいつもの自分に戻り、黙ってソバを食べ続け薄暗くなった駐車場へと出ました。

おばあさんから治療院をやらないかと言われる

先程とは違うおばあさんとの話です、、

そのお宅では光線治療という暖かいランプを体に向けて不調を改善する治療院をやっていました。

どういう流れでそうなったか忘れましたが、「タダでいいから、あんたもやってみなさいよ」と言われベッドに横になり明るい光をお腹や腰に当てられました。

30分は光を当てられましたが真夏だったのに暑いとは感じませんし、血流が良くなって体がすごく楽になりました。筋肉が解れて疲れがかなり軽減していました。(朝から夜まで心身ともに無理していたので感激しました)

そのおばあさんの話を聞かせて貰っているうちに

「あんた、この機械一式譲るから、地元で治療院やればいいじゃない。私はもう辞めてもいいから。あんたの今の仕事は長く続けられるもんじゃないよ。」

と言われました。でも急な話でどう答えていいやら分からずにいると

「また今度彼女でも連れて来ればいいよ、安くするから」と言ってくれました。

私の家から数十キロ離れていましたが、あとで実際に彼女連れて伺い、安く光線治療を受けさせてもらいました。その時に「私があんたに惚れ込んだんだ、だから治療院やらないかと言ったんだよ」と聞いてちょっとびっくり。

真面目にきっちりやろう。という気持ちや、お客さんの前でぶざまな所を見せたくないがゆえ、常に気合いを入れていたので、そういうところが「しっかりした人間」に見えたのかもしれないなと思いました。(私ジャガイモは緊張しいのヘタレですから、見破られないように必死なんです。最近はメソッドのお陰でありのままの自分でいることが多くなりましたが)

光線治療自体はとても良く毎日でもやりたかったです、でもヘタレな私には治療院を開院する気概はなく、おばあさんとはそのまま疎遠になってしまいました。

お客さんの目の前で噴出した蒸気で火傷する

小学生のお子さんがいるお宅で、窓ガラスやエアコンの掃除を実演中にスチームクリーナーの水が減り、タンクに補充しようとキャップを開けました。

本当は加熱中に開けてはいけなかったんですが、時間をかけて冷ます余裕もなく(実演しない時の沈黙が怖かった)キャップを慎重に開けました。

が予想以上に蒸気が噴出したため、右手首あたりに火傷しました。

かなり熱かったですがお客さんの手前、大声を出すわけにもいかず小さめに「う”~ん・・」とか言ってごまかします。

お客さんには「大丈夫です」といってそのまま実演を続けますが、ビリビリしてきて集中できませんし、当然お客さんは買っていただける感じではありません。

(早く切り上げて帰りたい・・)

そのうち実演も終わるころには水ぶくれになり、ジンジン痛む右手をかばいながら営業車を運転して帰りました。

辞めるときに支店長に言われたこと

入社して1か月、実働2週間ほどで(自分にとって今までにない)濃密な経験をし、休みの少なさや、早起き、本当はやりたくない仕事をお金の為だと常に気合を入れて無理したため、あっという間に限界を迎えました。

体がキツイのもありますが、こんな高いもの初対面の人に売れるか!と途中から思ってしまいました。

最初は38万でも売りさばく人がいるのだから、自分も諦めなければたくさん売れるようになるし絶対やるぞ。と思ってたんです、本気で。でもそれは自己啓発プログラムによって感化されただけで、自分の本当にやりたいことじゃないので続くわけありません。

やりたい事じゃなくても結果出す人がいますが、そういう人は学生の頃から何らかの実績を残してきてる人だと思います。学業やスポーツなどで成功体験が豊富ではないかと。

私ジャガイモは好きなことしか興味ない、チンパンジー以下の人間?ですから嫌なことして結果出るわけないです。今思うと良くそんな仕事に就いたな、と思います。

それだけ自分を変えたくて仕方なかったのですが。

辞める際、支店長に

「それくらいで辞めてたらこれから何にもできやしないよ」

と言われましたが、私はやめる喜びで一杯でしたので全く心に響きませんでした、ごめんなさい!

今あなたと同じくらいの歳になってこう思います、

(支店長、あなたの言うことはホントでした

HSPが訪問販売やって感じた事

わずかな期間でしたが、私にとっては濃密で貴重な体験ができたと思ってます。前の晩に支店長に「明日は絶対売りますんで!」と宣言し自分にも言い聞かせて気合たっぷりで挑むとあっさり売れたこともありました。

自分を追い込むことや気合が無駄ではないことを実感しました。

お金の為に好きでもない事を継続するのが大変だとも思いました。

一時的に相手にされなくても、誠意や一生懸命さが伝われば状況が変わることが良くある、のも体験できました。

短い期間でしたので説得力に欠けますが、私は経験して良かったと思っています。

まあこの仕事の前にメソッドをして感情をクリアにしていればずいぶん楽だっただろな、と思いますが。

ここまで読んでいただきましてありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました