内向型HSPが「チッ」と舌打ちされても平気な人になっていた

HSP関連
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

物心ついたころから、過敏な自分の性質にうまく対処できず散々手を焼いてきたのですが、今年5月に自分に合った感情クリアリング方法を見つけて以来、どんどん心が軽くなり余計な感情が湧いて来なくなったので生きるのが非常に楽になったのは今までに書いた通りです。

HSPだろうが生きるのが楽になるのを実感

最近「ザ・マネーゲーム」から脱出する法 に書かれている

「角材でぶたれたような」

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法 ロバート・シャインフェルド著

そんな感じの事があり、2~3日憂鬱な気分でいました。

もちろんクリアリングメソッドで不快感を消そうとしましたが、それが根が深いものだったのか中々うまくいきませんでした。
*このことに関してはまた後日投稿したいと思います。

ようやくその不快感をクリアリングできた後は、より静かで安定した心になっているようでした。

感情クリアリングをすれば舌打ちも平気

そして昨日、仕事で朝礼の後に50代女性のパートさんを呼び止めたら

「チッ!」

と舌打ちされました。

私は(ん、今舌打ちしたな)と一瞬思いましたが(作業の注意点を説明しなきゃ)と考えていて、そのまま自然にスルーして説明していました。

説明が終わった後でも、いまだ何とも思ってない自分に少々驚きつつ
感情クリアリングがより深く進行している確信を得ました。

繊細・敏感なHSPでも楽になれる

私は内向型HSP(中程度)で、人に嫌われる・敵意を感じるなどの状況には非常に敏感で弱いはずなのですが、、
以前ならその場では何とか平静を装っても、一人になったら怒りがマグマのように噴出していました。
文句言いたくても言えず、長い時間悶々としているのが常でした。

それが・・
なんということでしょう
もはや、舌打ち程度では何とも思わない人間になったようで、

非常に楽です!

これを読んでおられる内向型HSPの方に感情クリアリングをお勧めします。

内向型HSPでなくなるわけではないですが、繊細さ・敏感さは残りつつもそれに応じて湧いてくる感情がだんだん小さくなっていきますので
生きるのが楽
になりますよ。

人が多い所で待たされても疲れない

余談ですが、今日数年ぶりに役所で小一時間手続きをしてきたのです。

私はそういう不特定多数の人があちこちで話したり、出入りしたり順番待ちしている空間がかなり苦手です。
*スーパーでもコンビニでも同じですが、数倍不快に感じます。

以前は待っている間~建物を出るまでずっと不安やイライラを感じてぐったり疲れてしまいましたが
今日は結構待たされ窓口を数か所ハシゴしたもののほとんど疲れませんでした。

待っている間に「他人の視線」や「話し声」が気になっていましたので
やはり内向型HSPの敏感さはそのまま残っているようですが
5月から継続してきたクリアリングのお陰で不快な感情は湧いてきませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました