内向型HSPの私がしつこい怒りから解放された方法 その2

HSP関連
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

昨日は自分で頭おかしいんじゃないか?と悩んでいた(特に20代の頃)ほど短気でキレやすかった私が今や一般的な人よりも怒らなくなって非常に生きるのが楽になったメソッド「アンフィニ」を紹介しました。

今日は同じように効果があるもう一つの方法、「感情を感じきる」メソッドを紹介します。

感情を感じきるメソッドとは?

湧いてきた不快な感情(怒り・悲しみ・不安・恐怖・焦りなど)をしっかり感じてそのエネルギーが消えるまで感じきる。という方法です。

いたってシンプルですが、「アンフィニ」同様、強力な効果がありますので以下の注意点を守ってぜひ実践してください。

  • まず自分の感情に気付いてください(怒りなら「私は怒っているな」「ムカついているな」とか客観的に)*不快だからと言って感情を否定したり、あっち行け。とか、無視したり、感じてないフリもしないでください(私は浄化されてるから)などと考えるのは無意味です。
  • とらえた感情のエネルギーを胸のあたりで感じてください。怒りだと頭の中で「あのやろー」「許せん!」「なんでアタシが・・」「いや分かるんだけどさ」とか独り言が続きますがそれは止めて、胸のあたりの渦巻くエネルギーだけに集中して感じきってください。
  • 胸に手を当てたりしても良いです、自分から積極的にエネルギーを感じに行くくらいが良いと思います。(うおー、ガンガン来るな~)(よしよし、もっと来い)(どこまでも感じてやるぞー)という感じでそのエネルギーとガチンコで向き合うと効果的です。
  • エネルギがなかなか消えず疲れたら休みましょう、湧いてきたらまたやれば良いです。

このメソッドで一番大事なのが「頭の中の独り言をしない」(文句や言い訳や正当化する為の言葉を言わない)ことと、不快でも真正面から向き合って感じることです。(自分は感情エネルギーと相撲を取るイメージでやりました、でも勝とうとせず組み合ったまま感じきるようにします)

2つのメソッド どちらが良いの?

昨日紹介した「アンフィニ」と今回の「感じきる」メソッドは、あなたを困らせる余計な観念(アプリ)を取り除いて、不快な感情が起きないようにする。という目的は同じですし効果も同じように強力です。

でも使う時期によって適しているメソッドが分かれるように感じます。

「アンフィニ」はこれらのメソッドの初心者というか、まだ感情エネルギーが強くてじっくり感じきるのが苦痛な場合に向いていて、ある程度感情エネルギーが小さくなったら「エネルギーを感じきる」ほうがうまくいきやすいように感じました。

私は1ケ月半位は「アンフィニ」ばかり使いましたが、感情エネルギーが小さくなると物質に例えるのが難しくなったので「感じきる」に変えました。

「感じきる」は最初の頃向き合うエネルギーの強さに圧倒されて、感じきれなかったのですがエネルギーが小さくなるととても効果的に感情エネルギーが消えていきました。

なので皆さんも自分のやりやすい方でメソッドを続けてみてください。

余計な感情を生むアプリの削除は一度進んだら後戻りしませんので、やればやるほど前進します。ぜひ不快な感情が湧いたらメソッドし続けてください。

快適な日々が待っていますよ。

私の人生を変えた本です。keiichiさんありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました