セドナメソッドも常備薬に追加 ~感情クリアリングメソッドの殿堂入り

感情クリアリング
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

正直セドナメソッドを使ってみる前までは、他の感情クリアリングの方法ですごい効果あるから別に使わなくていいわ、と思っていました。

セドナメソッドを体験して良かった

他の方法とはいつも紹介している「アンフィニ」と「感情を感じきる」という2つのメソッドです。

でもネット検索で感情クリアリング法を調べると「セドナメソッド」が良く出てくるので、どんなものか試してみようと思いました。

一見面倒な手順も大雑把にとらえれば「アンフィニ」と同じようだし、セドナメソッドを実践されている方もやりやすく簡略化しているようなので試してみました。

実際に使ってみれば、ポイポイ手放せる(嫌な感情がその場で消える)し、時間も10~15秒程度(もっと短いかも)だし、手順もシンプルにしてOK。

感情クリアリングの方法としては、これが一番使いやすいかもしれません。

ただ、「アンフィニ」と「感じきる」メソッドで相当クリアリングした後の「セドナメソッド」なので感情エネルギーが極大な時(「アンフィニ」と「感じきる」に出会う前)に試していたらどうだったか・・

個人的には感情エネルギーが大きく辛いときは「アンフィニ」が一番早く楽になると感じます。

3種のメソッドを道具に例えると

お風呂に溜まった水を「未処理の感情・観念」としてそれを汲み出す道具を各種「メソッド」とすると

「アンフィニ」⇒⇒片手鍋
「感じきる」⇒⇒マグカップ
「セドナメソッド」⇒⇒コップ~マグカップ

こんな感じを受けました。
あくまで私個人の感想です、参考程度でお願いします。

各メソッドの特徴・利点

「アンフィニ」は感情エネルギーを形ある物に例えて、それを海に捨てるのですが、
感情エネルギーが大きいときに使えば、どんどん「未処理の感情・観念」を減らせます。
順調に感情クリアリングができて「感情エネルギー」が小さくなると今度は物質に例えにくくなりやりづらくなりますが、そこに至るまでの効率の良さは最高です。

「感じきる」メソッドは感情エネルギーが大きいときに行うと、なかなか感情が消えていかないので時間がかかりキツイです。
でも湧いてくるエネルギーが小さくなってくると、うまく感情が消えてくれます。手順は一番簡単というか「感情エネルギー」を感じるのみです。

「セドナメソッド」は感情エネルギーが大きい時に試していないのですが
「アンフィニ」より手順がシンプル、「感じきる」より負担が少なく短時間で済む、そしてそれらのメソッドより小さな感情や想いなどもクリアにできる。
のが良い所だと思います。
ただ、一度に処理できるエネルギー量が少ない気がします。
*セドナメソッドを実践してる方は楽になるまでに結構時間がかかっているようですし(半年~1年程度)

これらも私個人の感想です、参考程度にお願いします。

感情クリアリングの進行に応じて使い分ける

私は「アンフィニ」で湧いてくる不快な感情が減った、と実感したのが10日前後

1カ月半ほどで物質に例えにくくなるほど感情が小さくなったので「感じきる」を使うようになりました。

どちらのメソッドもうまくいき、不快な感情が湧いてくることが少ないため使う機会もわずかになりました。

そんな時に「セドナメソッド」を試したら、「アンフィニ」と「感じきる」では処理しづらい小さなモヤモヤや、思考のクセ(ネガティブな考え)もポイポイ手放せる(感じがする)ので、良い順番で各メソッドに巡り合っているなと。

「アンフィニ」⇒⇒「感じきる」⇒⇒「セドナメソッド」
この順にクリアリングできてとても効率的で良かったな、と思いました。
私の「クリアリングプロジェクト」はうまいこと行ってる気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました