感情的にならないために ~よくある方法では失敗する~

HSP関連
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、感情から自由になったジャガイモです。
自由と言っても以前のストレスが10分の1になった程度ですが・・
それでも十分スゴイ事だと自分でも思います。

以前の私は非常に感情の起伏が激しく、特に怒りの感情には手を焼いていました。そんな状態がつい最近まで何十年も続いていたのです。

当然、感情をコントロールしようと色々な事をしてきましたが、うまくいかず非常に苦労しました。

なぜそれらの方法(感情をコントロールする方法10選!)とか
がうまくいかないのか書いていきます。

感情的にならない人がその方法を書いている?

よくあるのが「感情的にならない人は~~しない」とか「キレない人は~~なことは考えない」というもの。

そういうのは「感情的でないからそういう考えや行動にならないだけ」だと思いますよ。
感情的な人間が、理性的になってる時にそれらを読むと、「なるほど、これで変われるかもしれない、やってみよう!」と希望を持ちます。

しかし、初めの1、2回はなんとかガマンできてもすぐに爆発してしまう事態がやってきます。
結局「理性で感情を押さえつけようとしていただけ」だったからです。

本人の理性(ガマン)しか頼ることができないこれらの方法は意味がありません。
そんなもので改善できるなら皆苦労しないのです。

それどころか(自分を良くしようと頑張ったのに、全然うまくいかない・・)
と失望感を感じたり自尊心をさらに損なうことになります。
(元々低い自尊心がさらに低くなると余計に感情に振り回されやすくなるので、何もしないほうがまだマシかと。)

「感情的じゃない人のマネ」して効果出るのは「感情的じゃない人」

「文句を言わない」とか「ネガティブに考えない」とか「周りに影響されない」とか・・書いていてむなしくなりますが。。
これらは以前、私が頑張って自分のものにしようとした「スローガン」です。

ただの「スローガン」です、学校や職場などでよく見る効果のない「スローガン」。

皆さんもこういう理想を掲げたスローガンにそれほど効果がないことはお分かりですよね?

自宅では「間食禁止」とか「10㎏やせる」とか、、
効果0、ならまだしも達成できない自分に、さらに劣等感を植え付ける可能性大です。

でもまれに効果が出る人がいます、極めて理性的に行動できる人です。
そういう人は「知識」を得るだけでどんどん成長していきます。

感情的で困ってる人は理性的ではありませんから、ほかの方法を試しましょう。
*最後の方で何十年も悩んでいた私がこの数カ月で劇的に穏やかになった「メソッド」を紹介します、もちろん無料ですよ。

「自分が感情的になってしまう理由」を知っても意味がない

意味がない、とは言いすぎかもしれませんが。
感情的にならないためには、あまり効果的でないと思います。

なぜ自分が感情的なのか理由を知って、それの対処法を見つけようとする人がいると思いますが簡単ではないでしょう。(私もうまくいかないどころか、余計にややこしい事になりました)

感情的になる理由を知っても「私はこんな事で怒っているのか・・」「私はなんて幼稚な人間なのだろう」「周りより劣った人間なのか・・」と知らないほうが良かった事を知るだけです。

大事なのは知ることではなくて効果を出すことです。

多少効果があるかもしれない呼吸法・瞑想

多少効果があると言っても、上に書いてきたことに比べれば、、というくらいで
大したことはありませんでした。(あくまで私の経験です)

第一、感情的になってから複式呼吸をゆっくり行うとか、無理じゃありませんか?
「だから日常的に深い呼吸を続けましょう」と言われても、できる人は極めて理性的な人だけでは?
多少ホルモンの分泌が変わるとはいっても、私は変わりませんでした。

日常の雑事に追われて呼吸などすぐ忘れてしまいます、無意識に長い呼吸ができるようになるのはまさに「修行」を積んだ人なのではないでしょうか?

瞑想についても効果を実感しずらかったです。
瞑想してる最中うまくいくと気持ち良くなってストレスが緩和される感じがありますが
そこまでたどり着くのが10回に1回くらいでした。

たいていは深い呼吸してる間に寝てしまうので、習慣にできませんでした。
不眠などにはいいかもしれません。
あと不安や悲しみが浮かんできて、落ち着かなかったりもしました。

ではどうすれば良いのか?

これから紹介する方法を実践してみましょう。

私が今年(20年)5月に出会ったこのメソッドは予想を上回る効果が出ました。
今(8月初め)では不快な感情で困ることがなくなりました。

不快な感情が湧いたら「メソッド」をしますが、「メソッド」したその場で感情が少し(または大幅に)減ります。
それを感情が湧くたびに繰り返していると、湧いてくる感情のエネルギーが小さくなっていることに気が付きます。

私の場合その状態に気が付いたのが10日~2週間程度でした。

それからみるみる怒ることや心配することが減っていき、1か月もするとじんわりとした幸福感まで湧いてきます。
この時点でもたまに不快な感情が湧きますが、「メソッド」を続ければさらに不快な感情は湧いてこなくなります。

この方法を実践して私は(生きてて良かった!)と感激しました。
皆さんもぜひ、実際に試してみてください。

具体的な方法は以下の記事のように2種類

怒りにだけ効くわけではなく、不快な感情なら何でもOKです。
心配・不安・恐れ・嫌悪感・焦りなどもメソッドで解消できます。

*感情のエネルギーが強い場合(メソッドを使い始めた頃など)は上の「アンフィニ」というメソッドがやりやすかったです、次第に感情エネルギーが小さくなってくると下の「感じきるメソッド」が使いやすかったです。
とにかく自分がやりやすい方を使ってください、場合に応じて両方使ってもOKです。(「感じきるメソッド」をやっていて《感じきるのがキツイ》と思ったら途中で「アンフィニ」に切り替えても大丈夫です、楽な方を使いましょう)
ご質問があればお気軽にコメントください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました