感情のクリアリングには2つのメソッドをするだけ

感情クリアリング
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今日で7連勤が終わるので軽い気持ちで通勤してたら、目の前の黒いワンボックスカーがハザード出して停車しました。

ひさびさに怒りが

よく大型車がバックで道路脇の敷地へ入るために一旦ハザード出して止まることがありますがそのような感じでもない。
車を左に寄せるとかの配慮もないし、そのまま停まってるので追い越したいけど交通量が多くてなかなか行けない。

するとひさびさに怒りがこみ上げてきて、(あれあれ?まだこんなにムカムカできるのか?意外だ)と思いました。

こんなに怒るのは2週間ぶりぐらいでしょうか?
メソッド始める以前はほぼ毎日怒り、1日に数回のときもありましたから、回数は激減してるんです。
(以前が異常ですよね、最近ようやく普通の人になれた気がします)

感情を感じきればメリットだらけ

無事追い越してもムカムカしてるので、感情を感じきるメソッドをしたかったけど運転中なので会社に着くまでがまん。

会社に着いてロッカールームで感情を感じきるメソッドをしてみました。
感じきろうと感情エネルギーと向き合いますがなかなか消えません、不快感が強く消えないので、海に転がす「アンフィニ」をしました。
すると1回でムカムカが収まり胸の不快感が消えスッキリ。

たった2分でここまで変わる

感じきるメソッドとアンフィニの2つのメソッドをしてもたった2分ほどでした。

現場に入ってさっきの黒いワンボックスの事を思い出しても遠い昔のようで、どうでも良くてなっています。逆にこのことで隠れていた怒りの素を消すことができたのでありがたく感じました。

これで、物心ついた時から短気で長年悩んでいた自分が、更に怒らない性格になれるなんて嬉しいです。

以下の記事に2つメソッドの詳しいやり方がありますので参考にしてください。上が「感じきるメソッド」下が「アンフィニ」です。

引き寄せや願望実現法がうまく行くようになる

自分の望みをスイスイ叶える為にはワクワクした気持ちが必要なのは皆さんご存知かもしれません。

でも実際にはイライラ、ムカムカしたり、不安でドキドキしたりして1日が終わってしまい、「ワクワクしなきゃいけないのに」って罪悪感すら感じてしまうことがありませんか?

それらの不快な感情をメソッドで消せばワクワクする時間も増やせるし、何より自分では気付かない心の奥底の不快な感情も消えるので引き寄せ、願望実現の為の大きな武器になります。

私も過去20年渡って自己啓発や引き寄せや願望実現法をいろいろ試してきましたが、微妙な効果(もしくは逆に現実が悪化)しかありませんでしたので心の汚れが取れた今はこれからどうなるかが楽しみです。

感じた怒りを消すごとに怒りの素がどんどんなくなる

これ、どういう事か説明します。(怒りだけでなく、心配・不安、悲しみ、絶望、嫌悪(自己嫌悪)などあらゆる不快な感情も同じ原理です)

同じような境遇で、同じような理不尽な目にあった2人の人が居たとして、1人は激怒して、もう1人は怒らなかった。
その差は何かというと、心の奥底にある観念の違いです。
(怒る怒らないはその時の気分や体調などにも左右されますが、一番影響が大きいのが観念だと思います)

観念はその人の世の中の見方、捉え方、出来事への意味の与え方です。
同じ出来事でも人によって反応が違うのは持ってる観念が違うからですね。

この観念と過去の未処理の(感じ切れていない)感情がヒモ付けされてて、観念に当てはまる出来事があると自動的にその感情が湧き上がる。(あいつの態度は常識的に考えて許せない、こっちは何も悪くないのに=怒りの再現スイッチON)ということです。

観念は、心にインストールされたアプリ。と言えます。(これもkeiichiさんが書いていて、とてもわかりやすいので使わせてもらいました)
メソッドをすると未処理の感情が消える→感情にヒモ付けされた観念も機能しなくなる=湧き上がる感情の素が消える。

こういう仕組みだということです。

でも仕組みを理解しなくても、この便利な道具の効果は変わりません。知識など放っておいて、とにかくメソッドを使いましょう

正直に言いますと私もこれ以上の細かな心の仕組みはわかりません。

ただ、先程書いた事はほぼその通りなんだろうと思います。
これはメソッドを2ヶ月続けてみての実感です。
期待以上の効果とこれまでの心境の変化や、メソッドしてる時の心の反応を観察してきて「ああ、ここに書いてあることは本当だったんだ」と腑に落ちました。

今までの自己改善法、自己啓発書、セミナーなどとは次元の違う効果があって、日々自分が変わっていくのを実感中なんです。
なんでもっと世の中に広まらないのか?と不思議に思ってるんですが。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました